Now Loading...

Now Loading...
Privacy mark

(一社)日本グラフィックサービス工業会 山梨支部 企画・編集から印刷・製本をプロデュース

東和プリント社 東和プリント社

 055-253-9293㈹
朝日印刷ショプ  055-234-5181

製品案内

缶バッチ・缶キーホルダー
缶バッチ・缶キーホルダー
オリジナルコースター
コースター
布印刷
布印刷
うちわ
うちわ
クリアファイル
クリアファイル
不織布A4バック
不織布A4バック
ラミネート加工
ラミネート加工
書籍・冊子・カタログ
書籍・冊子・カタログ・
パンフレット・リーフレット
自費出版本・同人誌
自費出版本・同人誌
ポスター・チラシ・フライヤー
ポスター・チラシ・フライヤー
機関誌・フリーペーパー
新聞・機関誌・
フリーペーパー
伝票
名刺・ポケットカード
封筒
封筒
各種カード・はがき・DM
招待状・挨拶状 ダイレクトメール
カレンダー
King製カレンダー
カレンダー
オリジナルカレンダー
チケット・回数券
オリジナルメモ帳
年賀状
喪中はがき

個人情報保護方針

有限会社 東和プリント社は、皆様に安心と信頼を頂ける、印刷業務及びそれに付帯する業務および事業の用に供する業務において、皆様の大切な個人情報、個人番号及び特定個人情報(以下「個人情報」)を保護することが、継続的な事業活動の基本であると共に、重要な社会的責務であると認識し、今後も引き続き個人情報の適正な取扱いに努めてまいります。
尚、詳細は、「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。

1.適正な取得
 皆様の個人情報は、ご本人に利用目的をお知らせするとともに、適正な手段により取得いたします。
2.個人情報の利用
 皆様の個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲において取扱う措置を講じ、その範囲を超えての目的外利用はいたしません。利用目的の範囲を超えて、個人情報を利用する必要が生じた場合は、その旨をあらかじめご連絡し、同意をいただいた上で利用いたします。
3.個人情報の提供
 あらかじめ、皆様からの同意をいただいている場合、及び法令等に基づく場合を除き、個人情報を第三者に対して提供いたしません。ただし、個人情報を扱う業務を他に委託する場合があります。この場合、委託先に対する個人情報保護の契約を締結し、適正な取扱いが行われるよう管理・監督いたします。
4.安全管理措置
 お預かりした個人情報は、必要な安全管理措置を講じ、漏えい、滅失又はき損等を防止するとともに是正に努めてまいります。
5.法令等の遵守
 個人情報に関して適用される個人情報保護法、番号法等の法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守するとともに、本方針並びに社内規程を整備し、適切な運用が実施されるよう管理します。
6.継続的改善
 事業内容の変化および事業を取り巻く社会環境・法令・情報技術の変化等に対応して、個人情報取扱体制の見直しを行い、継続的な改善に努めてまいります。
7.苦情及びご相談及び開示等への対応に関すること
 個人情報に関する苦情やご相談、及び利用目的の通知、開示、訂正等、利用停止等に関するご質問・お問合せにつきましては、誠実かつ迅速な対応を行うよう努めてまいります。以下のお問合せ窓口までお寄せください。
〔個人情報に関するお問い合わせ先〕

有限会社 東和プリント社 【総務部】  TEL:055-253-9293

平成29年4月1日 制定         
有限会社 東和プリント社     
代表取締役社長 樋貝 浩久

プライバシーマークの認証取得

 有限会社 東和プリント社は 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(英文名称:JIPDEC)のプライバシーマーク取得審査に合格し、下記の通りプライバシーマークの使用を認められております。

 

お客様の個人情報に関しまして弊社ではこれまでも適切に保護すべく、社内での制度化、教育、周知を図って組織的に推進して参りましたが、客観的な評価を確立するため、認証審査機関による検証を受けるに至りました。 弊社は今回の認証取得を機に、より一層個人情報保護について意識レベルの向上と継続的改善を図り、お客様より高いご信頼とご安心をいただけるよう、全社一丸となって努めて参ります。

プライバシーマーク登録証

【認 定 年 月 日】平成29年11月9日
【認  定   番  号】第16190248(01)号
【認定の有効期限】令和元年11月8日

個人情報の取扱いについて

 当社は、個人情報、個人番号及び特定個人情報の重要性を認識しその保護の徹底を図るため、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守するとともに、個人情報を適切に取り扱うことを宣言します。

1.個人情報の利用目的について

 当社は、印刷業務を主とした事業活動を通じてお預かりした個人情報を次に示す利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。

直接書面以外取得の個人情報
1.印刷業務の利用目的
お客様から受託を受けた印刷業務の遂行
2.監視カメラによる映像の個人情報
防犯、防災に係わる業務
開示対象個人情報
1.取引先個人情報
利用目的…お取引先からの提案、見積、発注、受入、制作、これらに係る連絡
2.従業員情報
利用目的…従業者(在職者及び退職者)の雇用管理(給与・税務管理、健康管理、年金・保険管理、災害対策及び連絡等)
3.従業者の扶養家族情報
利用目的…保険加入、脱退手続、税務管理等に関する業務の遂行
4.採用応募者
利用目的…採用応募者への連絡及び採用に関する業務
5.上記に共通するお問い合わせ、ご相談、クレーム等に関する情報
利用目的…お問い合わせ、ご相談、クレーム等、これらに関する連絡
2.個人情報の開示等について

 当社は、本人から開示対象個人情報等について利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等」という。)の求めがあった場合には、本人または代理人であることを確認の上、遅滞なく対応しますとともに、次のとおりその手続きを定めます。

1.申し出先
開示等の求めは、下記を窓口とし、電話にて請求していただきます。
個人情報に関するお問い合わせ先:
 総務部 TEL:055-253-9293
2.開示等の求めに際して提出していただく書類等
所定の「開示・停止等依頼書」に必要事項を記入の上、提出していただきます。
3.本人または代理人の確認方法
  1. 当社が保有するご本人の個人情報をもって、総合的に判断させていただきます。
  2. 法定代理人の場合は、戸籍謄本等を提出していただきます。
  3. 委任代理人の場合は、委任状を提出していただきます。
4.回答方法
本人(又は代理人)の住所宛に、本人限定受取郵便にて回答いたします。
5.利用目的の通知及び開示に関する手数料とお支払方法
1回の請求ごとに800円の(税込)の手数料をお振り込みいただきます。
3.個人情報の取扱い及び個人情報保護に関する苦情・相談窓口について

個人情報の取扱い及び個人情報保護に関する苦情・相談については、下記お問い合わせ先責任者までお申し出ください。

平成29年4月1日      

有限会社 東和プリント社     
個人情報管理責任者

〒400-0851
  山梨県甲府市住吉2丁目6番16号

TEL:055-253-9293

有限会社 東和プリント社

反社会的勢力排除指針

有限会社 東和プリント社は、平成23年4月1日施行の山梨県暴力団排除条例の趣旨に則り、お客様と従業員の安全確保のために暴力団、暴力団員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、特殊知能暴力集団等の反社会的勢力(以下、総称して「反社会的勢力」という。)の排除に向けた体制を整備し、これら勢力と一切の関係を断絶することを宣言します。

  1. 当社は、反社会的勢力との取引を一切行いません。
  2. 当社は、すでに当社と取引をしている方が反社会的勢力であることが判明した場合は、取引の解消に向けた適切な措置をすみやかに講じます。
  3. 反社会的勢力による被害を防止するために、反社会的勢力との雇用契約その他一切の労働契約を締結しません。
  4. 当社は、反社会的勢力への資金提供は一切行いません。
  5. 反社会的勢力が取引先となって不当要求を行う場合の被害を防止するため、当社が締結する契約書等に反社会的勢力排除条項を規定するとともに、契約締結後に契約の相手方が反社会的勢力であると判明した場合は契約を解消します。
  6. 当社は、反社会的勢力からの不当要求には一切応じません。反社会的勢力による不当要求が認められた場合には、民事と刑事の両面から法的措置を講じます。
  7. 当社は、反社会的勢力の排除に関し、平素より外部専門機関(山梨県警察、山梨県暴力追放運動推進センター、弁護士等)との緊密な連携関係の構築に努めます。

平成29年4月1日 制定         
有限会社 東和プリント社     
代表取締役社長 樋貝 浩久

印刷を承れ無いもの

自費出版や同人誌は、自分の作品を印刷して表現し、多くの人に伝えるための出版活動です。
弊社では、個人やサークル活動で自分たちの作品を世に出す喜びを応援するために、自費出版・同人誌の印刷も承っております。しかし、弊社の倫理規定に反するものに対しては、ご注文を承ることができません。
なお、お問合せ・お見積り時に申し出がなく、原稿を弊社が受け取った後に内容を確認した結果、印刷を承れない原稿の取り扱いは以下の通りになります。

【紙原稿の場合】
お客様の着払いで郵送にて返却。または、弊社に直接取りに来ていただきます。
【デジタル原稿】
弊社で処分
成人向け印刷物・成人向け同人誌(R18)について

弊社では、成人向け同人誌は、ご注文を承っておりません。

発行責任者が「成人指定」「R18」表記を設けているものについては、過激な表現等がなくても印刷することができません。 閲覧・販売・譲渡の際に年齢制限が発生する場合も同様です。

印刷を承れないもの(成人向け印刷物)
  1. 成人向け印刷物(成人向け同人誌)…性器の描写や、性交表現、児童ポルノ表現、行き過ぎた暴力性・残虐性・猟奇性が認められる表現があるもの
  2. 公序良俗に反する印刷物(弊社判断による)

【注意】墨消しやモザイクなど、完全な修正がされたものも含みます

水着・コスプレなどの写真集は、上記の限りではありません。
ただし、その場合でも行き過ぎた性的表現が含まれる場合は、弊社規定により、お断りさせて頂く場合がございます。

2次創作作品について
―著作権、肖像権の侵害について―

 マンガ・アニメ・ゲームなどのキャラクターなどを題材とした「二次創作作品」が同人誌の多くを占めています。原作の著作権者の許諾を得ることなく二次創作物を不特定多数への販売することは、原則として著作権侵害になります。 現状では、二次創作活動は、ファン活動の延長線上にあるものとしてとらえ、原作との相乗効果を期待することもあり、多くの場合黙認されているのが現状です。
 現時点で著作権侵害は親告罪とされており、著作権者が告訴しない限り刑事責任を問われませんが、あくまで著作権者が黙認している「グレーゾーン」とての位置づけであることを、十分認識し、ご自身の発行物に責任を持ちましょう。

 また、以下の二次創作物の場合は、印刷をお受けいたしかねますので、ご了承ください。

弊社で印刷を承れないもの(二次創作物)
  1. ディズニー、任天堂、サンリオ等のキャラクターを使用した二次創作物。
  2. 著しく反社会的な表現で、原作のイメージを著しく毀損する場合。
  3. オリジナル作品をそのままコピーしたような制作物。
  4. タイトルやロゴをそのまま使用している制作物。
  5. アイドルや有名人、一般人の写真を無断掲載し、肖像権を侵害している制作物。
  6. 二次創作物の販売規模が著作権者としても無視できない規模になっている場合。

上記の他、公序良俗に反すると弊社が判断したものは、お断りさせて頂く場合がございますので、ご了承ください。